高津区ふるさとアーカイブ事業について

地域を知ることで 区民がつながる 愛着につながる
そして未来につながる

 高津区は古くから多摩川などの水系を利用した集落が形成され、中世・近世においては鎌倉街道や大山街道などの交通の要所として栄えました。水と緑は豊かな景観を育み、近代になると工業の発展とともにまちは著しい発展を遂げました。歴史を物語る資料やその風景を撮影した古い写真を見ると、まちの歩みが良くわかります。
 しかし近年、街道沿いの蔵や商店など、まちの記憶をとどめる建物は少なくなり、まちの風景や生活を記録した貴重な写真も失われつつあります。高津区の記憶とも言える地域資料を保存し、次代に伝えていくことは、今、私たちの大きな責務であると言えます。

高津区は2012年に区制40周年を迎えました。高津区ではこれを機に「高津区ふるさとアーカイブ基本構想」として写真を中心とした地域資料の保存活用についての考え方をまとめるとともに、区の歴史を物語る写真資料等の収集を開始しました。区民の皆さまが様々な活動で写真を活用し、楽しむことができるよう、デジタルアーカイブ「高津区ふるさとアーカイブ」やホームページの整備も進めています。